自伝マニア
自伝を読んで豊かな人生を!「満たされた時代の満ち足りない心」を満たすためのヒントが自伝にはあります。優れた自伝は最高の教科書。
TOP > 作家 >

コナン・ドイルの自伝

わが思い出と冒険―コナン・ドイル自伝 (新潮文庫)
わが思い出と冒険―コナン・ドイル自伝 (新潮文庫)
新潮社 (1965年08月発売)
文庫 415ページ (ISBN : 410213414X)
¥ 円
史上最高の推理小説「名探偵シャーロック・ホームズシリーズ」の生みの親である「コナン・ドイル」の自伝。
amazon 詳細ページへ ← 購入・詳細情報はこちら

コナン・ドイル (1859年-1930年)について
イギリス・スコットランド生まれの小説家。
推理小説・歴史小説・SF・戯作など。

コナン・ドイルは「名探偵シャーロック・ホームズ」の生みの親であり、「シャーロックホームズシリーズ」ほど有名な推理小説は過去にも今にも存在しない。

1859年、スコットランドの首都・エディンバラ市で生まれる。父方のドイル家は風刺画家やイラストレーターなど、芸術関係に優れた家系であった。

20代前半は「外科医の助手」「捕鯨船の船医」「自らの眼科専門診療所を開設(上手くいかなかった)」といった医療関係の仕事につきながら、執筆活動を行なっていた。

1887年のクリスマスに最初のシャーロック・ホームズシリーズである「緋色の研究」が発表された。当初の評価は低かったが、1890年に「四つの署名」が発表されると、シャーロック・ホームズは絶大な人気を博すようになる。

ドイル自身は推理小説よりも歴史小説やSFに魅力を感じていたようだが、結局のところシャーロック・ホームズはドイルの代表作となり、56の短編と4つの長編に登場することになる。

現代アニメで大人気の「名探偵コナン」の名前の由来は、もちろん「コナン・ドイル」から来ている。

この自伝に注目した人はこんな自伝にも注目しています
内田 春菊の自伝

わが思い出と冒険―コナン・ドイル自伝 (新潮文庫) の感想・レビュー
感想・レビューはありません。
人気の自伝ランキング BEST4
1位
千原 ジュニアの自伝
2位
カルロス・ゴーンの自伝
3位
吉井 和哉の自伝
4位
稲盛 和夫の自伝
関連語 : アーサー・コナン・ドイル、Arthur Conan Doyle
ジャンル別の自伝
■ 芸能
芸能人の自伝 芸能人 (20)
俳優の自伝 俳優 (11)
女優の自伝 女優 (11)
■ 芸術
芸術家の自伝 芸術家 (5)
デザイナーの自伝 デザイナー (3)
■ 音楽
音楽家の自伝 音楽家 (8)
ミュージシャンの自伝 ミュージシャン (18)
■ スポーツ・格闘技
野球選手の自伝 野球選手 (11)
サッカー選手の自伝 サッカー選手 (8)
バスケットボール選手の自伝 バスケットボール (2)
格闘家の自伝 格闘家 (3)
プロレスラーの自伝 プロレスラー (7)
■ 政治・ビジネス
政治家の自伝 政治家 (9)
指導者の自伝 指導者 (14)
実業家の自伝 実業家 (25)
■ 学問・文学・技術
学者の自伝 学者 (14)
作家の自伝 作家 (10)
エンジニアの自伝 エンジニア (3)
■ その他
その他の自伝 その他 (15)
性別の自伝
男性の自伝 男性 (165)
女性の自伝 女性 (31)
国別の自伝
日本の自伝 日本 (85)
海外の自伝 海外 (112)
誕生年別の自伝
1899年以前の自伝 1899年以前 (36)
1900-1919年の自伝 1900-1919年 (26)
1920-1939年の自伝 1920-1939年 (34)
1940-1959年の自伝 1940-1959年 (51)
1960-1979年の自伝 1960-1979年 (40)
1980年-現在の自伝 1980年-現在 (10)
Copyright © 2009-2017 自伝マニア by Quorico All Rights Reserved. (運営者情報・お問い合わせ
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン