自伝マニア
自伝を読んで豊かな人生を!「満たされた時代の満ち足りない心」を満たすためのヒントが自伝にはあります。優れた自伝は最高の教科書。
TOP > 俳優 >

チャールズ・チャップリンの自伝

チャップリン自伝 上 ―若き日々 (新潮文庫)
チャップリン自伝 上 ―若き日々 (新潮文庫)
新潮社 (1981年04年28月発売)
文庫 390ページ (ISBN : 4102185011)
¥ 円
辛い幼少時代を過ごしたが、喜劇王として人々を笑わせることに人生を捧げ、平和を願い続けたチャップリン自伝。
amazon 詳細ページへ ← 購入・詳細情報はこちら

チャールズ・チャップリン (1889年-1977年)について
イギリス出身の映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー。映画の黎明期に数々の作品を作り上げ、バスター・キートンやハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれる。

辛い幼少時代を送っており、12歳でアルコール依存症の父を亡くし、母は精神病にかかり施設に収容、その結果として4歳違いの異父兄シドニーと孤児院や貧民院を転々とすることになる。

そんなチャップリンに転機が訪れたのは、兄の勧めで名門フレッド・カーノー劇団に入った1908年である。元々パントマイムやダンスなどの仕事もこなしていたチャップリンは、酔っ払いの演技ですぐに頭角をあらわしはじめました。

その後、映画プロデューサー「マック・セネット」の目に留まり、喜劇俳優・映画監督としての華々しい人生を駆け上がります。

彼の作品には「戦争」や「ファシズム」を批判するものが多く、それによってアメリカ・ソビエトから激しい非難の的にされてしまいます。

しかし、他方では平和を願った彼の功績は認められていました。

・ 1948年 - フランス映画批評家協会がノーベル平和賞に推薦。
・ 1954年 - 世界平和評議会が平和国際賞を贈る。
・ 1975年 - エリザベス2世よりナイトに叙される。

世界各国においてチャップリンの功績は非常に評価が高く。チャップリン自伝に影響を受けた著名人も多いようです。

チャップリン自伝 上 ―若き日々 (新潮文庫) の感想・レビュー
感想・レビューはありません。
人気の自伝ランキング BEST4
1位
アレン・アイバーソンの自伝
2位
邱 永漢の自伝
3位
萩本 欽一の自伝
4位
野村 克也の自伝
関連語 : Charles Chaplin、チャールズ・スペンサー・チャップリン・ジュニア、チャーリー
ジャンル別の自伝
■ 芸能
芸能人の自伝 芸能人 (20)
俳優の自伝 俳優 (11)
女優の自伝 女優 (11)
■ 芸術
芸術家の自伝 芸術家 (5)
デザイナーの自伝 デザイナー (3)
■ 音楽
音楽家の自伝 音楽家 (8)
ミュージシャンの自伝 ミュージシャン (18)
■ スポーツ・格闘技
野球選手の自伝 野球選手 (11)
サッカー選手の自伝 サッカー選手 (8)
バスケットボール選手の自伝 バスケットボール (2)
格闘家の自伝 格闘家 (3)
プロレスラーの自伝 プロレスラー (7)
■ 政治・ビジネス
政治家の自伝 政治家 (9)
指導者の自伝 指導者 (14)
実業家の自伝 実業家 (25)
■ 学問・文学・技術
学者の自伝 学者 (14)
作家の自伝 作家 (10)
エンジニアの自伝 エンジニア (3)
■ その他
その他の自伝 その他 (15)
性別の自伝
男性の自伝 男性 (165)
女性の自伝 女性 (31)
国別の自伝
日本の自伝 日本 (85)
海外の自伝 海外 (112)
誕生年別の自伝
1899年以前の自伝 1899年以前 (36)
1900-1919年の自伝 1900-1919年 (26)
1920-1939年の自伝 1920-1939年 (34)
1940-1959年の自伝 1940-1959年 (51)
1960-1979年の自伝 1960-1979年 (40)
1980年-現在の自伝 1980年-現在 (10)
Copyright © 2009-2017 自伝マニア by Quorico All Rights Reserved. (運営者情報・お問い合わせ
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン