自伝マニア
自伝を読んで豊かな人生を!「満たされた時代の満ち足りない心」を満たすためのヒントが自伝にはあります。優れた自伝は最高の教科書。
TOP > 芸能人 >

島田 洋七の自伝

(月発売)
ページ (ISBN : 4167660989)
¥ 円
ギャラ3億円の売れっ子芸人が、ブーム終焉とともに再びどん底へ。お笑いで一世風靡した「島田洋七」の自伝。
amazon 詳細ページへ ← 購入・詳細情報はこちら

島田 洋七 (1950年-)について
広島市出身の漫才師、タレント、作家(本名:徳永 昭広)。
漫才コンビ『B&B』のひとり。

1972年、団順一とコンビ結成。その後、上方よしおとコンビを組み直す。 若手実力派の最右翼として評価も高く、島田紳助も素人時代に島田洋七に憧れて洋七の師匠・島田洋之介に入門したという。しかし、東京進出に対する2人の意見の相違から解散。

1975年、島田洋八とコンビを結成する。当時、バラエティー番組のレギュラー出演がならなかった事で、大阪での活動に限界を感じ、1979年、東京進出には消極的だった吉本興業を離れ、東京の漫才協団に加入。浅草松竹演芸場の他新宿末廣亭等の寄席に出演するようになった。

1980年、『お笑いスター誕生!!』での10週連続勝ち抜き初代グランドチャンピオンとなった。これらの活躍により1980年代初頭の漫才ブームの火付け役となり『ツービート』『ザ・ぼんち』『のりお・よしお』『紳助・竜介』らが後に続いた。

当時、既に『星セント・ルイス』が人気を得ていたが、アイドル的人気を得てブロマイドが売れるという現象まで引き起こし一気に追い抜いた。同年、人気お笑い番組の総合司会を務めるなど、一世を風靡した。

『笑点』のチーフ作家・遠藤佳三は「B&Bの東京進出がなかったら、若手漫才ブームは、もっと小さなもので終わっていただろうと思う」と語っている。

1981年、「たけし」「明石家さんま」といった人気タレントに押されて、人気が急降下する。1983年には「B&B」を解散。人気低迷・参議員選落選・土地がらみの問題で借金を残すなど、苦難の時期を味わい、一時は芸人引退を決意するが、「たけし」「島田紳助」に励まされ「B&B」を復活させる。

その後は、コツコツと仕事をこなしながら、1987年に自費出版した「佐賀のがばいばあちゃん」が2003年頃からブレイクし、全盛期の輝きを取り戻す。「がばいばあちゃん」シリーズは日本国内だけで540万部を超える大ヒットとなった。

の感想・レビュー
感想・レビューはありません。
人気の自伝ランキング BEST4
1位
草間 弥生の自伝
2位
松下 幸之助の自伝
3位
小倉 昌男の自伝
4位
アガサ・クリスティーの自伝
関連語 : しまだようしち
ジャンル別の自伝
■ 芸能
芸能人の自伝 芸能人 (20)
俳優の自伝 俳優 (11)
女優の自伝 女優 (11)
■ 芸術
芸術家の自伝 芸術家 (5)
デザイナーの自伝 デザイナー (3)
■ 音楽
音楽家の自伝 音楽家 (8)
ミュージシャンの自伝 ミュージシャン (18)
■ スポーツ・格闘技
野球選手の自伝 野球選手 (11)
サッカー選手の自伝 サッカー選手 (8)
バスケットボール選手の自伝 バスケットボール (2)
格闘家の自伝 格闘家 (3)
プロレスラーの自伝 プロレスラー (7)
■ 政治・ビジネス
政治家の自伝 政治家 (9)
指導者の自伝 指導者 (14)
実業家の自伝 実業家 (25)
■ 学問・文学・技術
学者の自伝 学者 (14)
作家の自伝 作家 (10)
エンジニアの自伝 エンジニア (3)
■ その他
その他の自伝 その他 (15)
性別の自伝
男性の自伝 男性 (165)
女性の自伝 女性 (31)
国別の自伝
日本の自伝 日本 (85)
海外の自伝 海外 (112)
誕生年別の自伝
1899年以前の自伝 1899年以前 (36)
1900-1919年の自伝 1900-1919年 (26)
1920-1939年の自伝 1920-1939年 (34)
1940-1959年の自伝 1940-1959年 (51)
1960-1979年の自伝 1960-1979年 (40)
1980年-現在の自伝 1980年-現在 (10)
Copyright © 2009-2019 自伝マニア by Quorico All Rights Reserved. (運営者情報・お問い合わせ
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン