自伝マニア
自伝を読んで豊かな人生を!「満たされた時代の満ち足りない心」を満たすためのヒントが自伝にはあります。優れた自伝は最高の教科書。
TOP > 政治家 >

ジミー・カーターの自伝

信じること働くこと―ジミー・カーター自伝
信じること働くこと―ジミー・カーター自伝
新教出版社 (2003年09月発売)
単行本 286ページ (ISBN : 4400421244)
¥ 円
ノーベル平和賞を受賞した元アメリカ大統領「ジミー・カーター」の自伝。平和を求め幾多の挫折を乗り越えた物語。
amazon 詳細ページへ ← 購入・詳細情報はこちら

ジミー・カーター (1924年-)について
第39代アメリカ合衆国大統領。

ジョージア州プレーンズで生まれる。ジョージアサウスウェスタン大学、ジョージア工科大学に入学。第二次世界大戦後、潜水艦に勤務し、海軍の原子力潜水艦の開発推進プログラム担当者に選ばれる。

1953年、父親の死をキッカケに海軍を退役しピーナッツ栽培農家になった。

1960年代から生まれ故郷ジョージア州の州議会議員を2期務めた後、1971年から1975年の間、ジョージア州の知事を務める。

1976年の大統領選挙に民主党候補として出馬したところ、最初は「ジミーって誰のこと?」と言われるほど知名度が低かったが、ウォーターゲート事件で疲弊した政治の刷新を求めるアメリカ国民に対して、巧みにアピールすることで見事選挙戦に勝利する。

大統領任期中は「世論調査データ」を重視する傾向にあり、各州がそれぞれ抱える問題を解決しようとするが、「経済政策の失敗」「石油危機」「外交問題」などが原因となり、カーター政権中は「高インフレと不況」が国内を覆うことになった。

上記のように任期中は思うような成果を上げられなかったカーターだが、その後は「朝鮮半島の南北関係修復に尽力」「キューバのフィデル・カストロとの会合」など、世界を驚かせる外交手腕を見せたことから、2002年には「ノーベル平和賞」を受賞することになる。

しかし、その反面「史上最強の≪元≫大統領」「最初から≪元大統領≫ならよかった」などと、マスコミから皮肉られることになる(少なからず賞賛の意味も込められている)。

この自伝に注目した人はこんな自伝にも注目しています
金子 貴俊の自伝 リー・アイアコッカの自伝 ダスティ・ローデスの自伝 アレン・アイバーソンの自伝

信じること働くこと―ジミー・カーター自伝 の感想・レビュー
感想・レビューはありません。
人気の自伝ランキング BEST4
1位
田臥 勇太の自伝
2位
アレン・アイバーソンの自伝
3位
ダニエル・バレンボイムの自伝
4位
長嶋 茂雄の自伝
関連語 : Jimmy Carter、ジェームス・アール・カーター・ジュニア、James Earl Carter, Jr
ジャンル別の自伝
■ 芸能
芸能人の自伝 芸能人 (20)
俳優の自伝 俳優 (11)
女優の自伝 女優 (11)
■ 芸術
芸術家の自伝 芸術家 (5)
デザイナーの自伝 デザイナー (3)
■ 音楽
音楽家の自伝 音楽家 (8)
ミュージシャンの自伝 ミュージシャン (18)
■ スポーツ・格闘技
野球選手の自伝 野球選手 (11)
サッカー選手の自伝 サッカー選手 (8)
バスケットボール選手の自伝 バスケットボール (2)
格闘家の自伝 格闘家 (3)
プロレスラーの自伝 プロレスラー (7)
■ 政治・ビジネス
政治家の自伝 政治家 (9)
指導者の自伝 指導者 (14)
実業家の自伝 実業家 (25)
■ 学問・文学・技術
学者の自伝 学者 (14)
作家の自伝 作家 (10)
エンジニアの自伝 エンジニア (3)
■ その他
その他の自伝 その他 (15)
性別の自伝
男性の自伝 男性 (165)
女性の自伝 女性 (31)
国別の自伝
日本の自伝 日本 (85)
海外の自伝 海外 (112)
誕生年別の自伝
1899年以前の自伝 1899年以前 (36)
1900-1919年の自伝 1900-1919年 (26)
1920-1939年の自伝 1920-1939年 (34)
1940-1959年の自伝 1940-1959年 (51)
1960-1979年の自伝 1960-1979年 (40)
1980年-現在の自伝 1980年-現在 (10)
Copyright © 2009-2017 自伝マニア by Quorico All Rights Reserved. (運営者情報・お問い合わせ
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン