自伝マニア
自伝を読んで豊かな人生を!「満たされた時代の満ち足りない心」を満たすためのヒントが自伝にはあります。優れた自伝は最高の教科書。
TOP > 実業家 >

カルロス・ゴーンの自伝

ルネッサンス ― 再生への挑戦
ルネッサンス ― 再生への挑戦
ダイヤモンド社 (2001年10年25月発売)
単行本 288ページ (ISBN : 4478321000)
¥ 円
ルノー、日産自動車を赤字経営から建て直し、世界中の経営者から尊敬を集めるカルロスゴーンの自叙伝。
amazon 詳細ページへ ← 購入・詳細情報はこちら

カルロス・ゴーン (1954年-)について
ブラジル人の実業家。
ルノーの会長兼最高経営責任者。
日産自動車の最高経営責任者(CEO)も兼ねる。

日産自動車再建に代表されるように、企業再建のスペシャリストとして知られ、「平成の名経営者 第1位(日経新聞)」「2003年度最も尊敬されるビジネスリーダー 第4位(ファイナンシャルタイムズ)」「2003年度版世界で影響力のある20人(タイム誌)」と世界中のビジネスマンから尊敬を集めている。

1954年、ブラジルで生まれる。父はブラジル人、母はフランス人。

1978年、フランスの大手タイヤメーカーであるミシュラン社に入社。ブラジル・ミシュランの社長や北アメリカ・ミシュランの会長・CEOを歴任。

1996年、フランスの大手自動車メーカーである「ルノー」で上級副社長を務める。当時、赤字だったルノーのコスト削減を豪腕で推し進め、数年で黒字に転換させる。これが理由で「コストカッター」の異名が付くことになる。

1999年、日本第2位の自動車会社日産自動車に出向し、COO(最高執行積年者)として、大幅な赤字の再建に取り掛かる。

当社は困難と言われていた日産再建だが、「日産リバイバルプラン」計画の下、2兆円あった有利子負債を2003年には全額返済し、12%前後まで落ちた国内シェアを20%近くまで回復させた。

ゴーンは根っからの車好きとして知られており、自らハンドルを握って運転する事を好む。テレビ番組「カンブリア宮殿」に出演した際には『ハンドルを握って5分も運転すれば、どんな嫌なことも吹き飛ぶ。車以外にこんな製品がありますか?』と語っている。

スポーツカー「フェアレディZ」を復活させたことも、ゴーンの車好きが大きな要因であると言われている。

この自伝に注目した人はこんな自伝にも注目しています
ルチアーノ・ベネトンの自伝 王 貞治の自伝 草刈 民代の自伝 テッド・ウィリアムズの自伝

ルネッサンス ― 再生への挑戦 の感想・レビュー
感想・レビューはありません。
人気の自伝ランキング BEST4
1位
アレン・アイバーソンの自伝
2位
邱 永漢の自伝
3位
萩本 欽一の自伝
4位
野村 克也の自伝
関連語 : カルロス・ゴーン・ビシャラ、CARLOS GHOSN BICHARA
ジャンル別の自伝
■ 芸能
芸能人の自伝 芸能人 (20)
俳優の自伝 俳優 (11)
女優の自伝 女優 (11)
■ 芸術
芸術家の自伝 芸術家 (5)
デザイナーの自伝 デザイナー (3)
■ 音楽
音楽家の自伝 音楽家 (8)
ミュージシャンの自伝 ミュージシャン (18)
■ スポーツ・格闘技
野球選手の自伝 野球選手 (11)
サッカー選手の自伝 サッカー選手 (8)
バスケットボール選手の自伝 バスケットボール (2)
格闘家の自伝 格闘家 (3)
プロレスラーの自伝 プロレスラー (7)
■ 政治・ビジネス
政治家の自伝 政治家 (9)
指導者の自伝 指導者 (14)
実業家の自伝 実業家 (25)
■ 学問・文学・技術
学者の自伝 学者 (14)
作家の自伝 作家 (10)
エンジニアの自伝 エンジニア (3)
■ その他
その他の自伝 その他 (15)
性別の自伝
男性の自伝 男性 (165)
女性の自伝 女性 (31)
国別の自伝
日本の自伝 日本 (85)
海外の自伝 海外 (112)
誕生年別の自伝
1899年以前の自伝 1899年以前 (36)
1900-1919年の自伝 1900-1919年 (26)
1920-1939年の自伝 1920-1939年 (34)
1940-1959年の自伝 1940-1959年 (51)
1960-1979年の自伝 1960-1979年 (40)
1980年-現在の自伝 1980年-現在 (10)
Copyright © 2009-2017 自伝マニア by Quorico All Rights Reserved. (運営者情報・お問い合わせ
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン