自伝マニア
自伝を読んで豊かな人生を!「満たされた時代の満ち足りない心」を満たすためのヒントが自伝にはあります。優れた自伝は最高の教科書。
TOP > 格闘家 >

具志堅 用高の自伝

(月発売)
ページ (ISBN : 4847015959)
¥ 円
WBA世界Jr.フライ級王者を13度防衛した沖縄初の世界チャンピオン「具志堅用高」の爆笑語録。
amazon 詳細ページへ ← 購入・詳細情報はこちら

具志堅 用高 (1955年-)について
沖縄県出身の元プロボクサー。
元WBA世界ジュニアフライ級王者。

石垣島の中学卒業後、沖縄本島に渡り、興南高校に入学。
3年時、インターハイモスキート級で優勝。高校卒業後上京し、拓殖大学の体育推薦入試に合格していたが、入学を辞退し、協栄ボクシングジムに入門する。

1974年、プロデビュー。

わずか9戦目で世界初挑戦。"リトル・フォアマン"の異名を持つWBA世界ジュニアフライ級王者ファン・ホセ・グスマン(ドミニカ共和国)に挑み、沖縄県出身者初の世界王者が誕生した。

試合後「ワンヤ、カンムリワシニナイン(自分はカンムリワシになりたい)」と話したことから「カンムリワシ」の異名がついた。

1979年、8度目の防衛戦を7回KOで勝つ。1977年10月の3度目の防衛戦から6連続KO防衛であり、世界王座6連続KO防衛は日本人世界王者では具志堅しか達成していない。

1981年、14度目の防衛戦で地元沖縄での凱旋試合が実現し、前回の防衛戦で対戦したペドロ・フローレス(メキシコ)と再戦。12回、挑戦者の右ストレートをまともに浴びてダウン。立ち上がり試合続行に応じたが、挑戦者の追撃に襲われる。ここでセコンドからタオルが投入され世界王座陥落。この試合を最後に現役を引退した。

引退後は解説者として活躍する一方、芸能界でのタレント活動にも参加。1994年には日本人初のボクシング世界王者でもある白井義男と共同で「白井・具志堅スポーツジム」を開設。現在は同ジムの会長として後進育成に力を入れ、元日本スーパーフライ級王者の名護明彦、元OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者の嘉陽宗嗣らを育てている。

の感想・レビュー
感想・レビューはありません。
人気の自伝ランキング BEST4
1位
トミー・リーの自伝
2位
ハインリッヒ・シュリーマンの自伝
3位
ドナルド・トランプの自伝
4位
ハワード・シュルツの自伝
関連語 : ぐしけんようこう
ジャンル別の自伝
■ 芸能
芸能人の自伝 芸能人 (20)
俳優の自伝 俳優 (11)
女優の自伝 女優 (11)
■ 芸術
芸術家の自伝 芸術家 (5)
デザイナーの自伝 デザイナー (3)
■ 音楽
音楽家の自伝 音楽家 (8)
ミュージシャンの自伝 ミュージシャン (18)
■ スポーツ・格闘技
野球選手の自伝 野球選手 (11)
サッカー選手の自伝 サッカー選手 (8)
バスケットボール選手の自伝 バスケットボール (2)
格闘家の自伝 格闘家 (3)
プロレスラーの自伝 プロレスラー (7)
■ 政治・ビジネス
政治家の自伝 政治家 (9)
指導者の自伝 指導者 (14)
実業家の自伝 実業家 (25)
■ 学問・文学・技術
学者の自伝 学者 (14)
作家の自伝 作家 (10)
エンジニアの自伝 エンジニア (3)
■ その他
その他の自伝 その他 (15)
性別の自伝
男性の自伝 男性 (165)
女性の自伝 女性 (31)
国別の自伝
日本の自伝 日本 (85)
海外の自伝 海外 (112)
誕生年別の自伝
1899年以前の自伝 1899年以前 (36)
1900-1919年の自伝 1900-1919年 (26)
1920-1939年の自伝 1920-1939年 (34)
1940-1959年の自伝 1940-1959年 (51)
1960-1979年の自伝 1960-1979年 (40)
1980年-現在の自伝 1980年-現在 (10)
Copyright © 2009-2018 自伝マニア by Quorico All Rights Reserved. (運営者情報・お問い合わせ
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン