自伝マニア
自伝を読んで豊かな人生を!「満たされた時代の満ち足りない心」を満たすためのヒントが自伝にはあります。優れた自伝は最高の教科書。
TOP > 格闘家 >

立嶋 篤史の自伝

ざまあみろ!―僕は、まだ生きている 立嶋篤史自伝
ざまあみろ!―僕は、まだ生きている 立嶋篤史自伝
ネコパブリッシング (2001年10月発売)
単行本 358ページ (ISBN : 4873662591)
¥ 円
『地上最強の高校生』として注目され、フェザー級王座を獲得したキック界のカリスマ「立嶋 篤史」の自伝。
amazon 詳細ページへ ← 購入・詳細情報はこちら

立嶋 篤史 (1971年-)について
東京都出身のキックボクサー。1990年代前半に活躍。

幼少の頃からいじめを受け、小学生の時に自殺を考えるも思いとどまり、 中学2年生でキックボクシングと出会う。ジムに練習生扱いとして所属、中学卒業後単身タイに渡りムエタイの修業をし、1987年、非公式ながらタイ・ランシットスタジアムでデビューを果たす。

帰国後の1988年、16歳で後楽園ホールのリングに上がりKO勝ちで 日本公式デビュー。

1989年に17歳で高校を再受験し合格、千葉工商高等学校(現・敬愛学園高等学校)在学中の1991年に当時の王者清水隆広をローキックで破り、全日本キックボクシング連盟フェザー級のタイトルを獲得。マーシャルアーツのフェザー級王者山崎通明も破り、フェザー級頂上決戦を制したことなどから当時、「地上最強の高校生」として、マスコミから注目が集まった。

過激な言動やパフォーマンス(日本刀で相手を切るポーズなど)で格闘技専門誌の売り上げを伸ばしただけでなく、一般紙の表紙にも登場し話題となった。

「キック界のカリスマ」と呼ばれ、支持者も多い。1993年には、ライバル前田憲作にKO勝利するなど「立嶋ブーム」を巻き起こした。日本キックボクシング界最初の1千万円プレーヤー。

その後も現役生活を続けていたが成績は低迷していた。2003年、自転車で練習に行く途中に交通事故に遭い全治10か月の重傷。以後はキックの試合から遠ざかっている。引退宣言はしていない。

現在、千葉県船橋市でキックボクシングジム「ASSHI-PROJECT」を経営している。

2006年には自宅アパートに侵入した強盗を取り押さえた事がニュースに取り上げられ、思わぬ形で久しぶりにメディアの前に姿を見せていた。息子も9歳でキックボクシングの選手となり、親子でテレビに出演した。

この自伝に注目した人はこんな自伝にも注目しています
レイ・クロックの自伝 リー・アイアコッカの自伝 邱 永漢の自伝 みひろの自伝

ざまあみろ!―僕は、まだ生きている 立嶋篤史自伝 の感想・レビュー
感想・レビューはありません。
人気の自伝ランキング BEST4
1位
コナン・ドイルの自伝
2位
北野 武の自伝
3位
マイケル・J・フォックスの自伝
4位
トミー・リーの自伝
関連語 : たてまつあつし
ジャンル別の自伝
■ 芸能
芸能人の自伝 芸能人 (20)
俳優の自伝 俳優 (11)
女優の自伝 女優 (11)
■ 芸術
芸術家の自伝 芸術家 (5)
デザイナーの自伝 デザイナー (3)
■ 音楽
音楽家の自伝 音楽家 (8)
ミュージシャンの自伝 ミュージシャン (18)
■ スポーツ・格闘技
野球選手の自伝 野球選手 (11)
サッカー選手の自伝 サッカー選手 (8)
バスケットボール選手の自伝 バスケットボール (2)
格闘家の自伝 格闘家 (3)
プロレスラーの自伝 プロレスラー (7)
■ 政治・ビジネス
政治家の自伝 政治家 (9)
指導者の自伝 指導者 (14)
実業家の自伝 実業家 (25)
■ 学問・文学・技術
学者の自伝 学者 (14)
作家の自伝 作家 (10)
エンジニアの自伝 エンジニア (3)
■ その他
その他の自伝 その他 (15)
性別の自伝
男性の自伝 男性 (165)
女性の自伝 女性 (31)
国別の自伝
日本の自伝 日本 (85)
海外の自伝 海外 (112)
誕生年別の自伝
1899年以前の自伝 1899年以前 (36)
1900-1919年の自伝 1900-1919年 (26)
1920-1939年の自伝 1920-1939年 (34)
1940-1959年の自伝 1940-1959年 (51)
1960-1979年の自伝 1960-1979年 (40)
1980年-現在の自伝 1980年-現在 (10)
Copyright © 2009-2017 自伝マニア by Quorico All Rights Reserved. (運営者情報・お問い合わせ
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン